PR
読書感想

【HSPおすすめ本】より知識を深めたいときに勧めたいHSPの本6選

HSP知識を深めたいおすすめ本 記事タイトル画像 読書感想
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
きの
きの

こんにちは。きのです。

ご覧くださりありがとうございます。

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

読者さま
読者さま

HSPの本をもっと読みたい!でもどれを読んだらいいんだろう?

世の中には、本当にたくさんのHSP関連書籍が出版されています。選ぶのに迷ってしまいますよね。

私は2021年にHSPを知ってから、自分を知りたい一心で多くの本を読みました。

その中から前回の投稿では、はじめて読む方におすすめのHSP本をご紹介しました。

この記事では、HSPについてより知識を深めたいと思ったときにおすすめの本をご紹介します。

本記事の内容
  • より知識を深めたいときにおすすめのHSPの本
  • それぞれの本の概要やおすすめポイント

この記事を読むと、HSPをより深く理解するためにおすすめの本がわかります。

前回の記事で紹介しきれなかったためこのような枠で取り上げていますが、今回ご紹介する本にもHSPの概要は書かれています。そのため、最初に読んでも差し支えない内容の本です。

HSPの解説のみではなくテーマに独自性があったり、専門的な内容が含まれる場合もあるため、2冊目以降の読書としてもおすすめです。

HSPについて詳しく知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

きの
きの

HSP関連書籍をお探しの方は、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

より知識を深めたいときにおすすめ HSPの本6選

きの
きの

それでは、1冊ずつご紹介していきます。

「繊細さん」の幸せリスト

2020年出版。

『「繊細さん」の本』の著者、武田友紀さんによる本です。

『「繊細さん」の本』は、HSPに関する解説、対処法全般を扱ったような内容でした。

こちらの『「繊細さん」の幸せリスト』は、タイトルのとおりHSさんの「幸せ」にフォーカスした書籍。

繊細さん、HSPさんが「幸せ」を感じながら生きていくにはどうすればよいのか? 繊細さんが感じる「幸せ」にはどのようなものがあるのか?

「表現すること」「共感すること」などいくつかのテーマごとに、繊細さんの「幸せ」について読みながら考えることができます。きっとご自分に合う「幸せ」の感じ方が見つかるはずです。

私もこの本を読んで、ブログやSNSなどで文章を書き自己表現することについて、改めて考えるきっかけになりました。

自分の内的世界をより充実させ、幸せを感じながら暮らしていきたいと考えるHSPさんにおすすめです。

「繊細さん」の知恵袋

2020年出版。こちらも前述の武田友紀さんによる本です。

著者がHSP専門カウンセラーとして活動されてきた中で、相談の場でよく話題に上がる繊細さんに共通する悩みの数々。

繊細さんの「こんなときどうする?」という困り事について、トピックごとに解決策をまとめた、まさに「知恵袋」となる一冊です。

著者が相談に応じてきたHSPさんが、抱えていたHSP傾向特有の悩みをどのように解決してきたのか。その具体例を知ることができ、気持ちがラクなったり勇気をいただくことができます。

読み進めるうちに、カウンセラーさんやHSP当事者の方に、まるでその場で相談にのっていただいているような気持ちになりました。

繊細さんは些細なことで悩みやすいことはわかったけれど、実際にどうすればよいのかわからない場合も多いと思います。

人間関係や仕事など様々な悩みの種別ごとに、より具体的な対策を知りたい方におすすめです。

敏感すぎるあなたがうまく話せる本

2019年出版。著者は精神科医の長沼睦雄先生。

HSP関連書籍の中でも「話すこと」をメインテーマとした本です。

HSPさんのような敏感な人は、なぜ話すことに苦手意識を持ちやすいのか。うまく話せないときに脳がどういう状態になるのか。自分の中で何が起きているのか。

HSPさんのような敏感な人でも話すのが楽になるポイントや知識、対処法などが、わかりやすく紹介されています。

私自身も人とうまく話せないことに悩み、「話す」ということを今でもかなり躊躇してしまいます。

HSPを知った今は少しずつ、会話に対する苦手意識を克服していきたいと考えています。

「話す」というコミュニケーションについて、HSPという側面から知識を深めて対処したい方におすすめの一冊です。

敏感すぎる私の活かし方

2020年出版。

HSP概念の提唱者エレイン・アーロン博士による著書です。

この本は、アーロン博士によるHSP解説書として以前発表され、2000年に日本でも出版された、『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』の改訳版。

提唱者であるアーロン博士の、HSPに関する様々な知見が詰まった一冊です。

基本的な知識から、HSPの幼少期、人間関係、仕事など、多岐にわたる解説が掲載されています。

かなりボリュームがあり読み進めることがやや大変でしたが、HSPを提唱した専門家の解説にふれる機会は貴重ですし、自己理解もさらに深められると感じます。

これまでご紹介したような本から一歩進んで、より専門的な解説書をじっくりと読みたい方におすすめです。

ひといちばい敏感なあなたが人を愛するとき

2020年出版。

前述の本と同様、HSP概念の提唱者アーロン博士による著書。

「子育てハッピーアドバイス」などで有名な心療内科医、明橋大二先生が翻訳を担当しています。

この本はタイトルのように、HSPと恋愛やパートナーシップについて、専門的に解説した内容となっています。

HSPさんが恋愛のような、親密な人間関係を築くときにヒントとなる考え方。HSPさんと非HSPさん、またはHSPさん同士、それぞれのパートナーシップにおいてのポジティブとネガティブな側面など。

今まであるようでなかった、HSPさんの恋愛やパートナーシップについて、様々な視点で知ることができる本です。

恋愛やパートナーとの関係に悩むHSPさんにとって、ヒントが見つかることが期待できます。

close to you

close to you

~HSPというプラネタリウムから見上げる、虹の予感がした 貴方の優しい雨~

2020年出版。

この本は一般的なHSP解説本とは異なる構成や内容となっており、「写真詩集」というかたちでのHSP関連書籍です。

写真や詩でHSPを表現した本はとてもめずらしいと思います。

著者の市村篤史さんは、作家や映像ディレクターなどアーティストとして活動されています。

心理セラピストとしても、主にHSPやAC(アダルトチルドレン)に関するカウンセリングや発信活動を行っています。

ご自身もHSP当事者であり、生きづらさに長年悩んできたご経験があります。

これまでの様々な体験や感情が、著者にしか表現できない繊細な写真や言葉でつづられています。

読む人の心にそっと寄り添ってくれる、お守りのような一冊です。

スポンサーリンク

【まとめ】HSPを深く知るおすすめ本6選

以上、HSPについてより知識を深めたいときにおすすめの本をご紹介しました。

より知識を深めたいときにおすすめの本
  • 「繊細さん」の幸せリスト
  • 「繊細さん」の知恵袋
  • 敏感すぎるあなたがうまく話せる本
  • 敏感すぎる私の活かし方
  • ひといちばい敏感なあなたが人を愛するとき
  • close to you(写真詩集)

気になる本はありましたでしょうか? ぜひ読む本を選ぶときのヒントとしてご活用ください。

今後も自分の関心に沿って様々な本を読み、ブログ内でご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介したようなHSP関連書籍は、Kindle Unlimitedで電子書籍を読むこともおすすめです。毎月定額で200万冊以上が読み放題。無料体験できますので、ぜひお試しください。

>> Kindle Unlimitedの詳細を見る <<

また、当ブログではHSPと子育ての本についてもおすすめを記事にまとめています。

関心のある方はぜひご参照ください。

きの
きの

最後までご覧くださりありがとうございました。

何か少しでもご参考になることがありましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました