PR
HSPの生き方

【HSP体験談】HSPを知って感じたことや心境の変化5つ

HSP感じたこと 記事タイトル画像 HSPの生き方
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
きの
きの

こんにちは。きのです。

ご覧くださりありがとうございます。

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

読者さま
読者さま

HSPのことを知って他の人はどんなふうに感じるんだろう?

知ってよかったと思うこともあるのかな?

HSPを知って他の人はどのように感じたのか? 前向きなHSPさんはどんな考え方を持っているのか? 気になっていませんか?

この記事では、当事者の私がHSPを知って感じたことや心境の変化について解説します。

これまで当ブログでは、HSPの簡単な説明や、HSPを知って腑に落ちた自分の特徴などについて記事にしました。よろしければあわせてご覧ください。

本記事の内容
  • 当事者の私がHSPを自覚して感じたことや心境の変化
  • HSPを知ってよかったと思う理由

この記事を読むと、HSPを知ってよかったと感じる当事者の一例がわかります。

当事者の立場からわかりやすく解説します。HSP気質を前向きに捉えるヒントにしていただけましたら嬉しいです。

きの
きの

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

HSPを知って感じたことや心境の変化5つ

きの
きの

HSPの傾向があると気づくことができて、本当によかったと感じています。

安心した

疲れやすかったり、些細なことを気にしやすかったり…、自分にはネガティブに感じる特徴がたくさんありました。

こんなふうに物事を感じ取るのは自分だけなのではないか、自分がおかしいのではないかと、長い間悩みました。

しかし、HSPを知り情報収集する中で、自分と同じような感覚を持つ方が多くいらっしゃることがわかりました。

それ以前は、自分と同じような感覚の方と出会う機会はありませんでした。しかし、悩んでいるのは自分だけではなく、共感し合える方がいることを知りました。

とても安心し、自分の世界が広がっていきました。

自分を責めることが減った

HSPを知るまでは、疲れやすい、悩みやすい自分をよく責めていました。世間一般に合わせられない、社会に適応できない自分が悪いという思考です。

自分は人間として生きていくことに向いていないという気持ちが強くありました。

しかしHSPを知って、悩みやすいのは自分のせいではなく、生まれ持った気質という傾向があるからなのだとわかりました。

自分のような物事の影響を受け取りやすい傾向のある人が存在するのは、不思議なことではないと知りました。

それからは「そんなふうに感じるのも仕方ないよね」と、悩みやすい自分を少しずつ受け入れました。

自分を責めるのではなく、そこからどうするか、具体的な対策を考えることに意識が向くようになっていきました。

後悔を感じたときもあった

HSPを知って安心した一方で、「もっと早く知りたかった」と後悔したときもありました。

私は現在30代半ばで、子どもがいます。

子どもの頃から人の気持ちに敏感で、いわゆる「普通」であることを意識して生きてきました。親や先生、友達に変に思われないように。

勉強や普段の行動から、就職や結婚などのような重要なことまで、「普通」であることに重きを置き無理をしていたように感じます。

もし、もっと早く、10代20代の若い頃からHSPを知っていたら、今よりも自分に合う進路や環境を選べていたのではないか。そのような後悔の気持ちを感じることもあります。

しかし、パートナーや子どもたち、家族の存在はとても尊いものです。今の環境を受け入れて、今ここで自分にできることをしていこう。

未だに後悔してしまうときもありますが、前向きに考えられることが増えていきました。

自分を理解したい

HSPについて学ぶ中ではじめて知った言葉に、「自分軸」「他人軸」というものがあります。

先ほど少しご紹介たように、周囲の人の気持ちを意識してきた私のこれまでの人生は、完全に「他人軸」でした。

かなり長い間、自分の気持ちを置き去りにしてきたと感じます。自分が何を考えているのか、自分の気持ちがよくわかりませんでした。

自分は何を感じ、何を考えているのか? 自分の気持ちは何なのか? 本当は、自分はどうしたいのか?これからは、意識して自分に問いかけるようにしていきたいです。

HSPを知ったことで初めて「自分」を意識して、理解したいと思うようになりました。

自分のために「自分軸」で生きていきたいと強く実感しています。

自分らしく生きたい

HSPを知ってはじめて「自分」を意識したことで、自分らしさについても考えるようになりました。

私にとっての自分らしさとは何なのか? どのように生きていきたいのか?

HSPを知る前は、世間に合わせられない自分を責めました。

しかし、HSPを知った今は、自分を理解したり自分に合った対処をすることなど、視野が広がりました。

HSPを知った上で、それを自己理解に活かし、自分らしい生き方を追求していきたいと考えています。

スポンサーリンク

【まとめ】HSPを自分の人生を生きるきっかけに

夜の花と照明

以上、私のHSPを知って感じたことや心境の変化をご紹介しました。

感じたことや心境の変化
  • 安心した
  • 自分を責めることが減った
  • 後悔したときもあった
  • 自分を知りたい、理解したいと思った
  • 自分らしく生きたいと思うきっかけとなった

後悔したり落ち込んだこともありましたが、HSPを自己理解のきっかけとして、自分らしく生きたいと考えるようになりました。

HSPということに立ち止まらずに、自分の人生を生きていきたいです。

また、HSPについてより深く知りたい場合は、関連書籍を読むことをおすすめします。こちらは私がHSPについて学ぶ際に参考になった書籍の一例です。

HSP関連書籍は、Kindle Unlimitedで電子書籍を読むこともおすすめです。毎月定額で200万冊以上が読み放題。無料体験できますので、ぜひお試しください。

>> Kindle Unlimitedの詳細を見る <<

きの
きの

最後までご覧くださりありがとうございました。

何か少しでもご参考になりましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました