PR
HSPの生き方

【HSP体験談】HSPの私がSNSを利用する上で気をつけていること5つ

HSPとSNS 記事タイトル画像 HSPの生き方
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
きの
きの

こんにちは。きのです。

ご覧くださりありがとうございます。

SNSを利用するにあたり、こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 顔の見えない方とやり取りするのは怖い
  • 不特定多数の方が見る場所に投稿することに抵抗がある
  • 自分の発言が炎上や攻撃の対象になってしまわないか不安である など
読者さま
読者さま

SNSやってみたいけどなんだか怖いなぁ…

私もSNSにはネガティブな印象を抱いていました。しかしそれ以上に、自分と同じようなHSPさんとつながりを持ちたいという思いがあり、2021年から主にX(旧Twitter)を利用しています。

この記事では、私がSNSを利用する上で気をつけていることを解説します。5つのポイントでわかりやすくご紹介します。

この記事を読むと、HSPの傾向があるような方でも、気持ちの負担が少なくSNSを活用する方法がわかります。

私は自分に合う方法でSNSを利用することで、HSPを自認する方々との交流を通じて生きることや人とのコミュニケーションを前向きに考えられるようになりました。

HSPについて詳しく知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

きの
きの

具体的に解説します。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

HSPがSNSを利用する上で気をつけること5つ

きの
きの

それでは、ひとつずつご紹介していきます。

ご紹介するのは私個人の見解であり、HSPのような特徴の有無に限らない事柄もあるかもしれません。ご参考になりましたら幸いです。

見る時間をある程度決める

SNSには、本当にたくさんの情報があふれています。SNS依存は、HSPのような気質の有無に関わらず問題になります。

特に、HSPさんのような特徴を踏まえていうと、SNSを見ているだけで情報過多になり疲れを感じやすいと思われます。

HSPさんは刺激に敏感な方も多いため、スマートフォンなどのブルーライトの影響を受けやすい方も多いかもしれません。

そこで私の場合は、1日の中でSNSを見る時間を、朝、昼、夜、だいたい30分ずつなど大まかに決めて、だらだらとスマホをながめ続けないように気をつけています。

ただし、拝見したいライブ配信などがある場合は例外としています。

余裕がなく疲れを感じやすいような日は少なめに、少し多めに楽しみたいときはゆっくり時間を取って楽しむといったように、自分のペースで無理なく利用するように意識しています。

毎日すべてチェックしようと思わない

フォロワーさんの日々の投稿や勉強になる発信は、できるだけ毎日チェックしたいです。しかし、私生活で予定があるなど時間に余裕がなく、どうしても難しいときもあります。

チェックできないことを心苦しく思ってしまうと、SNSを続けること自体が苦しくなってしまう恐れがあります。

そのため、必ずしも毎日リアクションを送る必要はないと自分に言い聞かせて、無理をせず余裕のあるときにじっくり投稿を見させていただくようにしています。

無理のない範囲でお返事やフォローをする

自分の投稿に何かコメントなど反応をいただけることは、とても嬉しいですよね。

失礼や誤解のないように、ひとつのお返事を考えて送信するまでに時間がかかることが多いです。

そのため、自分のタイミングでマイペースにお返事させていただいています。

フォローについても、情報がキャパオーバーしがちでタイムラインが追えなくなってしまうため、慎重にフォローをお返しさせていただいています。

画面の向こうに人がいることを想像する

SNSは匿名性があり、画面上のみのやり取りです。

すると、相手も自分と同じひとりの人であるということを、どこか実感として忘れてしまうときがあるように思われます。

私はアカウントを作った頃は、よく愚痴などを投稿していました。そうすることで救われた部分も大きいです。

最近は、疲れたことやモヤモヤしたことを何か吐き出したくなるときは、見る方がなるべく不快にならないような表現をするよう、気を配るようにしています。

また、辛い気持ちを投稿する方をお見掛けすると、その内容から想像を働かせてしまったり自分まで悲しくなったり、心配しすぎてしまうときがあります。

応援の気持ちでいながらも、なるべく深入りしすぎないように気をつけています。

疲れたらアプリを開かない

HSPさんは、共感性が高い方が多いのではないかと思います。

SNSで目にする、フォロワーさんの投稿、世の中で起こるニュースなど、見ていると情報過多になるほか、共感するあまり気持ちが揺さぶられるようなこともあるかもしれません。

SNSに疲れて、アカウントを閉鎖する方を何名も見てきました。そういった選択をする気持ちには共感する部分が。しかし、せっかくのご縁。いきなりやめるのはもったいないようにも思います。

私の場合はまず、SNSを見るのが辛くなったときは、アプリを開かないようにしています。アカウントは削除せずに、ログイン情報を控えた上でアプリを一度アンインストールのもよいかもしれません。

少しの間、自分なりにSNSと距離を置いてから、また見たいと思ったときにアプリを開きます。

SNSでご縁をいただくHSPさんはやさしい方がとても多いので、少し休んでも安心してまた戻ることができます。本当にありがたいことです。

スマホやSNSなどをお休みすることを、デジタルデトックスとも言いますね。時には距離を置くことも必要であると感じます。

スポンサーリンク

【まとめ】SNSと上手にお付き合いしよう

スマホ

以上、HSPの私がSNSを利用する上で気をつけていることを解説しました。

SNSで気をつけること
  • 見る時間をある程度決める
  • 毎日すべてチェックしようと思わない
  • 無理のない範囲でお返事やフォローをする
  • 画面の向こうに人がいることを想像する
  • 疲れたらアプリを開かない

ご紹介したようなことを気をつけることで、SNSでの交流や勉強を自分のペースで楽しく行うことができています。

SNSでいただいたご縁に感謝して、大切にして、これからも過ごしていきたいです。

HSPについてより深く知りたい方には、関連書籍を読むことがおすすめ。書籍の一例をご紹介します。

こちらの書籍には、HSPさんとSNSの相性のよさや、表現する幸せについて詳しく書かれた内容があります。「いいね」に振り回されたときは…など、具体的な対処法も知ることができます。

HSP関連書籍は、Kindle Unlimitedで電子書籍を読むこともおすすめです。毎月定額で200万冊以上が読み放題。無料体験できますので、ぜひお試しください。

>> Kindle Unlimitedの詳細を見る <<

きの
きの

最後までご覧くださりありがとうございました。

何か少しでもご参考になることがありましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました