PR
HSPの生き方

【HSPのタイプ】HSE?HSS型HSP?かくれ繊細さん?当事者による簡単な解説

HSPタイプ 記事タイトル画像 HSPの生き方
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
きの
きの

こんにちは。きのです。

ご覧くださりありがとうございます。

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

読者さま
読者さま

敏感だし疲れやすいけど出かけたり誰かと遊ぶのは好き。

HSPかも?と思うけどなんだか違う気もする。よくわからない…

読者さま
読者さま

かくれ繊細さんってよく聞くけどなに?

最近世の中で認知度が上がってきたように感じるHSP。「自分も当てはまる気がするけどなんか違うかも…」とお悩みの場合もあると思います。

この記事では、HSEHSS型HSPなどHSPの様々なタイプについて解説します。諸説ありますが、HSPにはいくつかのタイプがあるといわれます。

本記事の内容
  • 外向型のHSP(HSE)について
  • HSS型(刺激追求型)HSPについて
  • HSPのタイプを自分に当てはめるときに気をつけること

2021年からHSPについて情報収集してきた当事者の私が、書籍などで学んだHSPのタイプ分けについて解説します。

HSPは「疲れやすい」「敏感」「繊細」などという言葉で表現されることが多いですが、大人しく内気なタイプの方だけに当てはまるものではないようです。

対人関係において社交的や外向的などといわれる方でも、当てはまる場合があると考えられています。

HSPについて詳しく知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

きの
きの

「HSPにタイプは存在しない」と主張する専門家の方もいらっしゃいます。参考程度にご覧ください。

スポンサーリンク

外向型HSP(HSE)の解説

HSPさんの性格を大まかに分類すると、約7割は内向型約3割は外向型といわれています。

私の場合は内向型の特徴によく当てはまります。

内向型・外向型とは

心理学者ユングは人間の性格タイプを内向型外向型の2つに分類しました。

  • 内向型→興味関心が自分の内的世界。想像力豊か。人生や生命などについて深く考える。ひとりの時間を好むなどの特徴。
  • 外向型→興味関心が外の世界。新しくできたお店の情報やニュース、人と話すことが好きなどの特徴。

HSPの概念を提唱したアーロン博士によると、HSPが外向型といわれる性格になるのは、生まれ持つ気質による影響のほか、育った環境が安心できるものであった、または外向型にならざるを得ない状況にあったなど、様々な要因が考えられるそうです。

この外向型のHSPのことを「HSE」と称する場合もあります。

HSEとは?

HSEHighly Sensitive Extrovert

エレイン・アーロン氏と共に活動する心理学者のジャックリーン・スティックランド氏によって提唱された概念。

敏感さを持ちながら人や外の世界と関わることを好む傾向にあり、その矛盾に悩むことが多いといわれます。

「HSE」については、次に紹介する「HSS型HSP」とよく似て混同する部分があります。

そのため、専門家の方によって「HSE」をひとつの分類として取り上げる場合と、そこまで扱わずに参考程度にみる場合がある印象です。

スポンサーリンク

HSS型HSP(刺激追求型HSP)の解説

まず、HSPのような、人が生まれ持つの気質のひとつに「HSS」という概念があります。

HSSとは?

HSSHigh Sensation Seeking 刺激追求気質 刺激を追い求める人

心理学者のマービン・ズッカーマンが提唱

HSSの方は、刺激を求めとても好奇心旺盛な傾向があるといわれます。ごく簡単にいうとHSPとは正反対の気質です。

HSPさんの中に、このHSSの気質もあわせ持つ方が一定数存在するといわれます。そのような方を「HSS型HSP(刺激追求型HSP)」と呼称します。

近年、日本では『「繊細さん」の本』がヒットした流れの影響もあり、HSS型HSPさんのことを「かくれ繊細さん」と称することがあります。かくれ繊細さんのための書籍も出版されています。

スリルのあることや新しい体験など退屈しないようなことを好む一方で、敏感な一面も。「ブレーキとアクセルを同時に踏んでいる」などとよく表現されます。

社交的であることなど、上記の「外向型HSP(HSE)」とよく似た特徴があります。両者の相違点を表すならば、刺激を求めるか求めないかの違いになってくるのでは私は考えました。

SNSでHSP当事者としてライブ配信をするなど、積極的な発信活動に取り組む方は、HSS型HSPを自覚する方が多い印象が個人的にはあります。

刺激的な体験が好きな一方で敏感さをあわせ持つため、外出や新しいことに挑戦せずにはいられないが疲労感にさいなまれるなど、自分の中の矛盾に戸惑う場合も多いようです。興味関心が頻繁に移り変わるというお話もよく聞きます。

自分の二面性に悩まされる場合が多い印象ですが、正しく自分を理解しケアすることで生活しやすくなることが期待されます。

HSPのタイプは参考程度に

HSPさんは物事を深く処理する方が多いです。そのため、自分がどのタイプかにとらわれてしまいがちだと感じます。

私もHSPを知った頃に自分がどのタイプなのか考えすぎて、訳が分からなくなってしまったことがありました(笑)。

きの
きの

たぶん自分は内向型のHSPだと思うけど、たまに人と話すのが楽しい時があるから外向型?それともHSS型?なんだかよくわからない…

人の状態はその時々の状況や体調、年齢などによって変わるものです。あまり深く考えすぎず、HSPのタイプは自己理解の参考程度にするくらいがちょうどよいのかもしれません。

きの
きの

自分はおそらく内向型HSPの傾向が強いから基本的にはその対処法を参考に、少し違うと感じるときは他のタイプのHSPの情報も見てみよう!

自分のおおまかなタイプを把握し、様々なタイプについての知識や対処法を知っておくことが個人的にはおすすめ。そのときの状態に合わせて対処法を実践すると効果的だと思います。自分に当てはまらない気質に関する知識を増やすことで、他者理解にもつながります。

タイプ分けに限らず、HSPについても「自分はHSPだ」と思い込み過ぎることは危険だと感じます。自分を理解して、自分らしく生きるためのきっかけとしてHSPを捉えるように心掛けたいですね。

【まとめ】様々な性格タイプを自己理解のヒントに

ハイビスカス

以上、HSPの様々なタイプについて解説しました。

HSPのタイプ
  • HSP
  • 外向型HSP(HSE)
  • HSS型HSP(刺激追求型HSP)
HSPのタイプについての捉え方
  • 外向型HSP(HSE)とHSS型HSPは類似する部分があるため、それぞれひとつのタイプとしてどちらも取り上げる方、どちらか一方のみ取り上げる方、専門家によって扱い方が異なる印象
  • 「自分はこのタイプだ」と考えすぎず参考程度にいろいろなタイプについて知ることがおすすめ

HSP、HSE、HSSについては関連書籍や検索でヒットするようなウェブサイトで、それぞれの診断チェックリストが記載されています。気になる方は、そちらからヒントを得ることもおすすめです。

最後に、記事を作成するにあたり参考にさせていただいた書籍を紹介します。

著者の方がHSS型HSPを公言するものや、それぞれのタイプについて詳しい解説のある書籍です。HSP全般を知りたい方にもおすすめです。

HSP関連書籍は、Kindle Unlimitedで電子書籍を読むこともおすすめです。毎月定額で200万冊以上が読み放題。無料体験できますので、ぜひお試しください。

>> Kindle Unlimitedの詳細を見る <<

きの
きの

最後までご覧くださりありがとうございました。

何か少しでもご参考になることがありましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました