PR
HSPの生き方

【HSP体験談】HSPをパートナーに伝える?私が打ち明けたときの話

HSPパートナー 記事タイトル画像 HSPの生き方
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
きの
きの

こんにちは。きのです。

ご覧くださりありがとうございます。

パートナーとの関係でお悩みではありませんか?

  • 自分はHSPかもしれないとわかったけど、パートナーにも伝えるべき?
  • パートナーにはHSPのことをなんだか言いにくい…
  • パートナーとの感じ方の違いに悩んでしまう など
読者さま
読者さま

HSPを伝えるべきか、パートナーとの接し方に迷ってしまう…

HSPを自覚する私も、パートナーとの関係にはずいぶんと悩みました。

自分がHSPかもしれないとわかったとき、パートナーや身のまわりの大切な人にそのことを伝えるか? 判断が難しいですし、とても迷いますよね。

この記事では、私がパートナーにHSPを打ち明けたときの体験談をご紹介します。

本記事の内容
  • HSPを知る前後でのパートナーとの関係の変化
  • HSPをパートナーにどのように打ち明けたか

この記事を読むと、HSPをパートナーに伝えた私の体験談がわかります。

個人的には、必ず伝えなければいけないものではなく、HSP当事者の方が話してみたいと思ったときがタイミングなのだと感じます。

参考に本を紹介する、一緒にチェックリストをやってみるなどの方法で、私はパートナーにHSPを伝えることができました。

HSPについて詳しく知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

なお、この記事では読みやすさなどを踏まえて、パートナーについては様々な呼び方がありますが「夫」としています。また、夫はHSPではない、HSPの傾向はあまりないと思われます。

きの
きの

HSP×非HSPのパートナーシップに関心のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

HSPを知る前のパートナーとの関係

私がHSPを知ったのは、子ども3人が生まれてからでした。夫との関係性も結婚前後に比べ、月日が経つにつれて変化していました。

3人目が生まれてからHSPを知るまでの1年が、私にとっていちばん辛い時期でした。

夫は年齢が上がり、仕事での責任が増えました。家に帰れば子どもたち3人の育児。かなりストレスが溜まっている状態だったと想像します。

思ったことをすぐに言葉や態度で表せるタイプの夫。いつもとても疲れた様子で仕事から帰ってきます。

毎日のように夫の不機嫌な様子が気になり、心臓がバクバクしました。産後のメンタルが不安定な時期が重なったことも影響したかもしれません。

パートナーである夫に気軽に話しかけることができず、家でまったく気持ちが休まらない状態が続きました。

スポンサーリンク

HSPを知ってからのパートナーとの関係

HSPを知って、自分を少しずつ理解できました。

不機嫌な夫のことを気にしすぎてしまう自分を責めることが多かったですが、HSPという気質の影響が大きいことがわかり安心しました。

それからは、夫が怖いという気持ちを少しずつ直接話してみたり、怖いと感じたときにその場から離れるなど、自分なりに対策を考えられるように。

そんな中、自分はHSPかもしれないということを夫に伝えるべきか、考える機会が増えました。

HSPをパートナーに打ち明けたときの様子

自分がHSPであることをパートナーに打ち明けるのは、とても勇気がいることだと思います。無理にする必要はないと個人的には考えています。

自分が話したいと思いタイミングなどが合ったときにできたらよいのかもしれません。

人生の長い時間を共に過ごす相手には、自分のことを知ってほしい。少しでも理解してくれたら嬉しい。私の場合は、そのような思いから伝えることにしました。

きの
きの

簡単にいうと次のように説明しました。

とても緊張しましたが、結果的に話してみてよかったです。

私がパートナーに話したこと
  • HSPという比較的新しい心理学の概念があり、自分にとても当てはまる
  • 疲れやすかったり人との関係に悩みやすい自分を理解するヒントがここにあると感じて情報を集めている
  • 家であなたが怒っていることが多いととても怖く感じてしまい困っている
  • 私の様子をみて疑問に思うことがあったらこの本を読んでほしい(『「繊細さん」の本』を本棚に置きました)

夫の反応は…

パートナー
パートナー

そんなものがあるんだ。たしかに当てはまりそうだね。人類ってまだまだ解明されていないことも多いと思うから、自分で気づいて調べていたなんてすごいね!いいと思う!

僕は思ったことをすぐ口にしてしまうから、これからは言いすぎないように気をつけるね。

少し上から目線のようなものを感じますが笑、夫はこのように受け入れてくれました。

それから何度かHSPについて話す機会があり、一緒にチェックリストを見てくれたことも。そのとき夫はやはりHSPではないという結果で、私との点数の違いに少し驚いた様子もありました。

HSPについて頻繁に話すことに私は抵抗があり、普段はあまり話題に出しませんが、思い切って一度話してみてよかったと感じています。

参考に本を見せる一緒にチェックリストをするなどが、相手に伝わりやすいポイントだったかもしれません。

ただ、話を聞いてはくれましたが、全て理解してもらうことは不可能です。

HSPのような特徴以外にも、他の人間であるパートナーを完全に理解することは難しいですよね。分かってほしい、理解してほしいと相手に求めすぎないことがやはり重要かもしれません。

まずは自分が自分を理解して大切にすることが、パートナーや家族を大切にすることにもつながると感じています。

【まとめ】パートナーとの関係を前向きに試行錯誤しよう

2つのアイス

以上、私がHSPをパートナーに打ち明けたときの体験をご紹介しました。

パートナーへの打ち明け方
  • 参考に本を見せる
  • 一緒にチェックリストをやってみる
  • 理解を求めすぎない

環境からの影響を受けやすい私に比べて、あまり影響を受けない夫の存在は、パートナーとして非常に心強いです。いつも本当に感謝しています。

HSP気質とパートナーシップについては、これからも悩むたびに試行錯誤して、より良い関係を築いていきたいと思います。

HSPとパートナーシップについてはこちらの書籍もおすすめ。HSP概念を提唱したアーロン博士による恋愛などパートナーシップについて取り上げる本で、私も大変参考になりました。

HSP関連書籍は、Kindle Unlimitedで電子書籍を読むこともおすすめです。毎月定額で200万冊以上が読み放題。無料体験できますので、ぜひお試しください。

>> Kindle Unlimitedの詳細を見る <<

きの
きの

最後までご覧くださりありがとうございました。

何か少しでもご参考になることがありましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました