PR
HSPママの子育て

【HSP体験談】私が疲れすぎないための子育てとの向き合い方6選

子育て向き合い方 記事タイトル画像 HSPママの子育て
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
きの
きの

こんにちは。きのです。

ご覧くださりありがとうございます。

子育てについて、こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 自分はHSPだと思うが、子育てに疲れ切ってしまう
  • 育児疲れにどう対処したらよいかわからない など
読者さま
読者さま

毎日疲れてどうしたらいいかわからない…

毎日の子育ては楽しい気持ちや喜びを感じる一方で、疲れ切ってしまうときもありますよね。HSPを自認する場合はなおさら疲れやすいかもしれません。私もそうです。

前回の投稿で、私が子育ての中で感じる自分のHSPの特徴についてまとめました。

少し重複する部分がありますが、この記事では、HSPの私の子育てとの向き合い方について解説します。

本記事の内容
  • HSPさんが子育てするにあたり気持ちがラクになる考え方
  • HSPさんの育児疲れ対策 など

この記事を読むと、子育てに試行錯誤するHSPママの一例や育児疲れの具体的な対策がわかります。

例えば、まずは親自身の気持ちを大切に優先することや、聴覚からの刺激を減らすなどの工夫で、以前より子育てに向き合いやすくなりました。

HSPについて詳しく知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

きの
きの

体験談を中心にご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

HSPの私の子育てとの向き合い方6選

きの
きの

私の子育てとの向き合い方をひとつずつ解説していきます。

自分にやさしくする

子どもにイライラしてしまうときは、そんな自分を責めてしまいがちです。HSPを知ってからは、イライラは自分の限界サインと考えるようになりました。

イライラしてしまうことは悪いことではなく、自分がかなり頑張っている状態なのだと受け止めるようにしています。

子どもにイライラしてしまったり叱り過ぎてしまったときは、謝るなど必ずフォロー。同時に、自分にもやさしい言葉をかけてあげます。

「とっても頑張っていたんだね。よしよし」自分が自分の親になって「よしよし」してあげるような感覚です。

アダルトチルドレンという概念について調べると、自分が自分の親になり育て直すという考え方もあります。それに近いものです。

子どもの頃から親や周りの大人の気持ちを察しやすく、アダルトチルドレンの特徴を持つHSPさんは多いといわれています。抑圧してきた部分が、自分が親の立場になった際に出現しやすい場合もあるかもしれません。

自分にやさしい言葉をかける他にも、好きな物を食べたり飲んだり自分のやりたいことをするなど、子どもと向き合うには、まず自分の心を満たすことが大切だと考えるようにしています。

耳栓やイヤホンを使用する

休日など、子どもたちと同じ空間で長い時間一緒に過ごす日。そんな日は外出したわけでもないのに、とても疲れてしまうときがあります。

1日中続く、子どもたちからの「ママ見て!」攻撃。泣き声。きょうだい同士の会話や喧嘩。

自分に話しかけられた内容のみではなく、きょうだいで話していることなど、あらゆる言葉が自動的に耳から入り頭で処理していることに、ある日ふと気がつきました。

子どもたちからのたくさんの情報を長い時間処理している状態。そのような状態が続けば、疲れるのも当たり前ですよね。

試しに耳栓をしてみると、疲れて頭がぼんやりする感覚が少し和らいだように感じました。それからは、ひどく疲れを感じてしまうときは耳栓やイヤホンを使用しています。

使用するときは、次の点に気をつけています。

  • 細かいおもちゃや危険なものを片付けるなど準備をしてから使用します
  • 使用中も子どもの様子をよくみます
  • 使用する前に子どもに声を掛けます(例:ママ少しお耳が疲れたから耳に蓋をして休むね。でも何かあったら肩をたたいたり顔の前に来て教えてね。など)

Bluetoothイヤホンなどがあれば、聴きたい音楽や音声配信を、子育ての合間に聴くこともできます。疲れを癒したり時間を有効に使うことに繋がります。

完璧な親を無理に目指さない

「ママはいつも笑顔で穏やかに元気でいなければ」と考えているのに疲れてしまう。余裕のない自分を責める。

HSPを知る前の、私の状態です。

HSPを知ってからは、子どもに「ママちょっと疲れちゃったから休ませてね」など正直に伝えて、完璧な理想のママを無理に目指さないようになりました。

育児に専念して家にいるのだから、家事も完璧にしなければいけないという考えにも縛られていました。

しかし今は、肩の力を抜いて優先順位を決めて、できる範囲で取り組むようにしています。

子育てや家事における完璧主義な思考を少しずつ考え直して、自然体で過ごせる時間が増えています。

自分の負担を最小限にできるように行動する

我が家はパートナーが不規則勤務です。そのため、いわゆるワンオペ育児で休日を過ごすことがあります。

正直家でのんびりしたいところですが、元気いっぱいの子どもたちを連れて外出する日も多いです。

そのとき、自分にとって何がいちばん負担になるか考えて行き先を決めます。例えば私の場合は…

きの
きの

近所を散歩して誰かと会ったら会話に疲れるから、車の運転は少し億劫でも大きい公園まで行こう。遊具もたくさんあるし!

大きい公園へ行くことは、刺激が多く疲れにつながる部分もあります。しかし、子どもたちが体を使ってたくさん遊んでくれる利点があります。

また、知り合いと会うことが少ないこともメリット。そのため、休日の行き先として選択することが多いです。

一方で「今日は人と話しても大丈夫そう」と感じるときは、近所をゆっくり散歩することもあります。

子育て中は刺激となる情報を完全に遮断することが難しいですよね。

そのため、その時々の自分の状態から、自分にとって最も負担にならずに過ごせる方法を考えていくことを意識しています。

また、少し頑張って疲れてしまったときは、「今日も頑張ったね。こんなことが楽しかったね」など、先ほどご紹介したように、自分を労わることを忘れないようにしています。

HSPを子育てに活かす

子育てをしていると、様々な刺激に圧倒されることが多いのが事実。

その一方で、HSPの特徴を活かせる場面もたくさんあると感じています。

例えば私の場合
  • 細かいことに気がつけるため、いろいろな可能性を考えて外出時の子どもの持ち物を準備したり、怪我や事故のリスクから子どもを守ることがしやすい
  • 子どもの気持ちに共感し話を聴くことができる
  • 言葉にならない子どもの気持ちをなんとなく察することができる など

他にもたくさんのことが挙げられると思います。

たしかに、疲れてしまうことも実際には多いです。しかし、HSPのポジティブな面にもできるだけ目を向けたいと考えています。

これからも、HSPの特徴を子育てに大いに活かしていきたいです。

共に子育てするパートナーや家族に相談する

自分がHSPの可能性が高く、疲れやすい中で子育てしているという現状。

そのことを、パートナーや両親など日頃子育てを共にすることの多い家族が、少しでも理解してくれて気軽に助け合えると、非常に心強いと感じます。

ハードルが高いかもしれませんが、可能であれば、パートナーや子育てを共にする家族に、HSPのことを一度話してみるのもよいかもしれません。

私の場合は、何度かHSPについてパートナーに話したことがあります。一緒にチェックリストなどをやってみることも効果的だとお聞きします。

しかし、あまり理解してほしいと期待しすぎると逆効果かもしれません。「HSPだから」という伝え方では、わかりにくいこともあります。

抵抗を感じる場合は、無理にHSPについて話す必要はありません。そういったキーワードよりも、自分の体調やお願いしたいことを具体的に伝えるほうが効果的かもしれません。

例えば「今日はたくさん出かけると疲れてしまいそうだから、〇時頃までに帰れると助かる」のように。

自分の苦手とする部分を、共に子育てする方が補ってくれるような状態だと非常に助けられます。

スポンサーリンク

【まとめ】HSPの視点から子育てと向き合う

チューリップ

以上、HSPの私の子育てとの向き合い方をご紹介しました。

子育てとの向き合い方
  • 自分にやさしくする
  • 耳栓やイヤホンを使用する
  • 完璧な親を無理に目指さない
  • 自分の負担を最小限にできるように行動する
  • HSPを子育てに活かす
  • 共に子育てするパートナーや家族に相談する

HSP傾向の有無に関わらず、子育ては毎日本当に大変です。HSPさんにとっては、自分に合う対処法を見つけながら、自分にやさしく毎日を乗り切りたいところですね。

今しかできない子育て、子どもの成長を日々楽しんでいきたいです。

HSPと子育てについておすすめの書籍はこちらでご紹介しています。よろしければご覧ください。

こちらは一例です。HSPという観点から子育てと向き合う際に大変参考になりました。

HSP関連書籍や育児書は、Kindle Unlimitedで電子書籍を読むこともおすすめです。毎月定額で200万冊以上が読み放題。無料体験できますので、ぜひお試しください。

>> Kindle Unlimitedの詳細を見る <<

きの
きの

最後までご覧くださりありがとうございました。

何か少しでもご参考になることがありましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました