PR
セッション体験談

数秘とは?HSPの私が自分を知るために数秘セッションを受けてみた感想!

HSP数秘 記事タイトル画像 セッション体験談
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
きの
きの

こんにちは。きのです。

ご覧くださりありがとうございます。

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 自分のことをもっと知りたい
  • 自分の資質がよくわからない
  • 自己分析をひとりで行うことに限界を感じる など
読者さま
読者さま

自分のことがよくわからない…

そこでおすすめの方法のひとつが「数秘」です。数秘とは簡単に説明すると、数字を使用した占いのような自己分析ツール。

この記事では、私がHSP数秘セッションを受けた体験談をご紹介します。

本記事の内容
  • 数秘についての簡単な解説
  • HSP数秘カウンセラーさんの紹介
  • HSP数秘セッションの体験談 など

この記事を読むと、HSPさんによるHSPさんのための数秘セッションがどのようなものなのか、具体例がわかります。

HSPについて知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

私は2022年6月に専門家の方による数秘セッションを受けました。セッションや鑑定のようなものを受けるのは初めて。客観的に自分を知ることができるよい機会となりました。

セッションから時間が経つにつれて、自己理解に役立つ部分をより実感するようになり、今回記事にまとめることにしました。

きの
きの

具体的に解説します。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

数秘とは?

きの
きの

まず、数秘についての簡単な解説です。

数秘(数秘術)とは、数字を使用した占いとして広く知られている印象があります。

数秘術は、英語で「ヌメロロジー(numerology)」(numero[数]+logy[学、あるいは論])と言います。「数の学」である数秘術では、ひとつひとつの数には特別な意味があると考えます。

また、この宇宙のすべてのもの(わたしたち人間も含めてすべて)は、「数の法則」によって秩序づけられ、支配されているともみなされます。したがって、その数の法則に基づくことで、わたしたちひとりひとりの「運命」、「使命」、「才能」、「カルマ」、「人生の意味」などといったことすべてを明らかにできる、と数秘術では考えられています。

数秘術とは|Precious.jp(プレシャス)

生年月日や姓名を数字に置き換えて、特定の計算方法で数字を算出することにより個人の資質などを読み解くのが数秘です。

カバラ数秘術などいくつか種類があるようで、今回私がセッションを体験させていただいたのは「現代数秘」です。

スポンサーリンク

私が数秘を知ったきっかけ

きの
きの

私が数秘を知ったのは、SNSのフォロワーさんがきっかけでした。

私が数秘を知ったきっかけは、X(旧Twitter)にて交流させていただいていたテルさんの発信を拝見したことです。

テルさんは、HSPメッセンジャー講座を修了されたHSP当事者さんであり、数秘カウンセラー才能を発見して使命へ向かうというテーマで数秘セッションを提供しています。

現在は、ソウルコーチングを習得中とのことで、ソウルコーチとしても活動を始めていらっしゃいます。

個人的にはHSPを軸にしたブログ運営の先輩でもあり、私がブログを始める以前から、勝手ながら親近感を抱いて発信を拝見していました。

HSP当事者さんとしての体験談や子育てのお話、数秘に基づいた数字から見る人の特徴についてのお話など、テルさんの発信は大変興味深いです。

そんなテルさんがある日、数秘セッションのモニターを募集するという旨の投稿を目にして、私はピンときて申し込みました。

HSP数秘セッションを受けてみようと思った理由

きの
きの

私が数秘セッションを申し込んだのは、テルさんとお話してみたいなどシンプルな動機からでした。

私がHSP数秘セッションを受けてみようと思ったのは、次のような理由です。

  • テルさんとお話してみたい
  • 自分のことをもっと知りたい
  • 数秘というものを体験してみたい

自分を知るひとつの方法になるであろう数秘を体験してみたいという思いと、なによりテルさんとお話してみたいという気持ちが強かったです。

テルさんが数秘セッションのモニター募集を告知した時点で、申し込みさせていただきました。テルさんのブログの申し込みフォームより、氏名や生年月日など必要事項を入力し送信したかたちです。

私は自分がHSPとは知らずに、対人関係に苦手意識を長年抱いてきました。そのため、人と話すことにかなり抵抗感がありました。

しかし一方で、HSPを知って自分を少しずつ理解してからは、変わりたいという気持ちも強くなっていきました。そのようなタイミングで思い切ってセッションに申し込みさせていただき、本当によかったと今は感じています。

HSP数秘セッションの様子

きの
きの

実際のセッションの様子をわかりやすくご紹介します。

事前に数秘チャートを送っていただく

セッションはSkypeやZoomなどオンライン通話のツールを使用し実施されます。

テルさんはお送りした氏名や生年月日から、事前に詳しく数秘による分析をしてくださいます。セッションの数日前に、数秘の結果を記載した「数秘チャート」のPDFデータを送ってくださいました。

当日はそのシートを手元に準備して、ひとつずつ確認しながらお話してきます。

数秘チャートの内容の解説

いよいよセッション本番。所要時間は約1時間でした。

私はこの日、オンラインで顔出しでどなたかとお話するのが初めてだったので、とても緊張しました。いざ始まってみると、テルさんのあたたかい雰囲気に安心してお話することができました。

まず最初に、数秘の結果の説明です。いくつかの数字に基づいて結果が出されますが、私の数秘の結果の一部をこの機会に公開します♪

  • パーソナリティーナンバー:7
  • バースナンバー:1
  • ディスティニーナンバー:4
  • ソウルナンバー:6
  • リアライゼーションナンバー:5

セッションで説明していただいた内容を踏まえて、数字ごとに簡単に解説します。

パーソナリティーナンバー:7

パーソナリティナンバー(Parsonality)は、外から見られるイメージ、または、自覚する自分のイメージ。表面的な人格を表します。

7は、知的、オタク、などのイメージがある数字だそうです。まさにこれは、周りの人からよく言われて自分でも感じている私の性格に当てはまります。

バースナンバー:1

バースナンバー(Birth)は、生まれ持った本質、才能や潜在能力を表します。

ネットや雑誌などで「運命数占い」などの呼び方で、生年月日の数字をばらして1桁になるまで足し算していく方法をご存知かもしれません。それがこのバースナンバーです。

1は、いわゆるリーダータイプ。関わる人のやる気を伸ばし、集団をまとめて引っ張るタイプのリーダーであることが多いようです。

また、クリエイティブな活動を得意とする方が多く、オリジナルなものを生み出したり、フリーランスのような働き方に向いている場合もあるようです。

ディスティニーナンバー:4

ディスティニーナンバー(Destiny)は、才能を活かして果たすべき使命、どんな仕事に向いているかを表します。

4は、現実的で左脳的であることの表れであるといわれます。

具体的にいうと、事務職、建築業、公務員、秘書などいわゆる「堅い」仕事、世の中に安定をもたらすような仕事に向いている方が持つ数字だそうです。

ソウルナンバー:6

ソウルナンバー(Soul)は、自覚しないような深いレベルで魂が求めること、魂の欲求を表します。

6である私は、いくつかの意味合いを教えていただきました。

  • 家族愛を求めている。
  • 人との境界線が弱く「アイデンティティの確立」が人生において重要なテーマである。
  • ライフワークに向かうことを求める。自分は何者であるのかを突き詰めていく。

どの内容も思うところがあり、頷けるものでした。

リアライゼーションナンバー:5

リアライゼーションナンバー(Realization)は、才能を使い使命を果たすことでたどり着ける、人生の到達点を表します。

5は、知識と経験に基づき、「自由」とはこういうことであると人に伝えることを意味するそうです。

例えば、HSPの悩み(知識)を解決した経験と合わせて、人に伝えること。ブログなどを通じて学んだ知識や経験した悩みの解決方法を発信することにも向いていると言ってくださり、とても嬉しかったです。

何らかのかたちで知識や経験を発信していくことが、私の人生において到達すべきひとつのポイントなのかもしれません。

イヤーサイクルナンバー

個人の持つ資質のほか、イヤーサイクルナンバーという、誕生日を起点とした1年の流れを表す数字も解説してくださいました。

例えば私の場合は、このような流れがあるようです。※()内がイヤーサイクルナンバーです。

  • 2021年(10)はじまりの年。HSPを知りブログ開設を考え始めた年です。
  • 2022年(11)決意を問われる年。「それでいいの?」という出来事が起こる。心身の調子を崩しブログを続けるか迷った時期がありました。
  • 2023年(12)いろんなことを試す年。
  • 2024年(13)今までのことがかたちになる年。

40歳を過ぎる頃までの数年間、家族とライフワークのバランスがテーマとなっているとのお話がありました。確かに、子育て中心の生活から、徐々に自分の将来を見据えての生き方や行動にシフトしたいという想いが強くなってきています。

イヤーサイクルを見ても実際の状況や体験と当てはまる部分が多く驚きました。近々今までのことがかたちになる時がくるのかもしれないと思うと、わくわくしてきます。

セッションの目的に合わせての相談

セッションの最初に、テルさんが「セッションを受ける目的」を聞いてくださいました。

例えば
  • シンプルに数秘を体験したい
  • 数秘をもとに相談したい悩み事がある
  • 適職が知りたい
  • 才能や使命が知りたい など

私の場合は、人とのコミュニケーションに不安が強かったため、「数秘を今後の対人関係や生き方のヒントにしたい」とお伝えしました。そのセッションの目的を軸に、今回は主に「人付き合い」にフォーカスしてお話しました。

数秘チャートに出た数字をもとに、アドバイスいただいた内容の一部をご紹介します。

  • 人との交流は避けないほうがよい。相手がいることで自分を理解できることもたくさんある。
  • 人といて疲れたら完全に交流を絶たずに少し休んで、元気があるときは自分から人の輪に入ることがおすすめ。
  • 頑張りすぎて疲れてしまうタイプかもしれないため、無理せずまずは自分の内面を安定させることが大切。
  • 自己不信が強く、もっと学ばなければならないと、セミナージプシーになりやすい傾向があるかも。今の自分でもOKだけどもっと進んでいきたいという、前向きな気持ちで物事に挑戦できるとよい。

上記の内容はごく一部で、他にも本当にたくさんのアドバイスをいただきました。

HSP数秘セッションを受けてみた感想

きの
きの

セッションを受けてみた感想を具体的にご紹介します。

より詳しい感想や、複数の方のコメントを読みたい方は、ぜひテルさんのブログのセッション感想記事もご覧ください。→ 「HSP数秘セッション」ご感想 | テルラボ★HSP才能発見数秘 (teru993.com)

自分の特徴がより具体的に理解できた

セッション前まではぼんやりとしかわからなかった自分の特徴を、数字に表して説明していただいたことで、より具体的に考えられるようになりました。

自分の中のうまく説明できないような部分を、セッションによって言語化していただいたような感覚です。

また、数秘チャートに出た結果でもともと自覚していて納得できたこともあれば、新たに知ることができた一面もあります。自己理解が明確に深まるよいきっかけとなっています。

HSPと数秘を関連付けた説明がわかりやすい

テルさんのセッションは、HSPさんによるHSPさんのためのセッションであることが大きな特徴のひとつです。

HSPといってもひとりずつ個性や違いはありますが、ある程度共通の感覚を理解してくださる上で、お話できるのがHSPさんにとっては大変ありがたいことなのではと思います。

例えば、数秘の結果にもHSPの傾向にあるような特徴が表れることもあります。私の場合では「境界線の弱さ」が数秘にも出ていた特徴のひとつです。

そういった結果が出た場合に、HSP当事者としての学びや体験から、深く共感や理解を示す上でアドバイスしてくださいます。そのため、お話の内容もわかりやすいです。

HSPさん同士なので安心してお話しできた

HSPを自覚する方と直接お話させていただくのがはじめての経験だったので、HSPさん同士はこんなに安心してお話することができるんだと実感しました。

先ほど挙げたような他人との境界線の薄さや、考えすぎてしまう性格についてなど、こちらの相談に「あるある!」というニュアンスで共感した上で、アドバイスしてくださるのがとても嬉しかったです。

日常会話ではあまりしないような、自分の内面の深い話をしてもさえぎられない、どんなことをお話してもOKという空気感が大変ありがたく感じました。

セッション後の交流会にも参加

テルさんは、HSPや数秘関連の交流会を不定期に開催しています。私の場合は一度、オンラインでの「数秘おはなし会」に参加させていただきました。

自分の数秘の結果に基づいて、最近感じたことや、持つ数字にちなんだ体験談などをお話する会です。

私はセッションと同様に、複数人の方とオンラインでお話するのがこのとき初めての経験だったため、またとても緊張していました。でも、いろんな方とお話してみたいという気持ちも強くありました。

うまくお話しできるか心配でしたが、テルさんがテーマを設定してくださり、会話というよりは、ひとりずつ順番にじっくりお話していくような方法でした。

そのため、自分もゆっくり安心してお話できて、参加者の方のお話も落ち着いてお聞きすることができました。参加者さんのほとんどがHSPで、穏やかな空気感に癒されました。

セッションを受けたことで、このような交流会に参加する機会もいただき、会話に苦手意識のある自分にとってプラスとなる経験をさせていただきました。

セッションから時間が経っても自己理解に役立つ

セッションから1年近く経ちましたが、悩んだり迷ったりしたときに、数秘の結果を参考にする場面がたくさんありました。

例えば、人付き合いに少し疲れてしまったときに、「そういえば、疲れたときはしっかり休んで、元気になったらまた人との交流を楽しめばいいんだ」とアドバイスいただいたことを思い出すこともありました。

また、大きな悩みに直面したときは、セッションの際にメモしたノートを読み返して、自分の内面と向き合い立ち直ったときも。

個人の資質に合った分析やアドバイスをしてくださるからこそ、長期的にも役立つお話をたくさんお聞きできるのではないかと感じています。

【まとめ】数秘は自分を知るヒントにおすすめ

ガラスのティーカップ

以上、HSP数秘セッションを受けた体験談をご紹介しました。

数秘セッションの感想
  • 自分の特徴がより具体的に理解できた
  • HSPさん向けのセッションは、HSPに基づいた説明がわかりやすく、安心してお話しできた
  • セッションでいただいたアドバイスは、時間が経っても参考になることがたくさんある

私の場合は、数秘というツールを通じて、自分の特徴を明確に知ることができました。数秘は今後の生き方を具体的に考えたい方に、大変参考となる自己分析方法のひとつです。

簡易的な数秘診断はネット上で無料のものもありますが、さらに詳しく知りたい場合は、私のように専門家の方によるセッションを一度受けてみることをおすすめします。より深く自分を知るとともに、新しい自分が発見できるかもしれません。

きの
きの

最後までご覧くださりありがとうございました。

何か少しでもご参考になることがありましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました